建設業許可申請窓口完成

主な業務の種類

 icon-angle-double-right 建設業許可新規申請・更新申請

建設業許可の種類には、知事許可と大臣許可があります。そして、
許可の区分には一般建設業と特定建設業があります。
建設業許可を取得すると、5年ごとに建設業許可申請の更新手続
を行う必要があります。

 icon-angle-double-right 事業年度終了届
個人事業主の方は12月決算なので4月末日までに、法人の方は
決算日から4ヶ月以内に決算報告および1年間の工事経歴の報告
を行う必要があります。これを事業年度終了届といいます。
 icon-angle-double-right 業種追加・各種変更届

従来許可を持っている業種以外にも軽微ではない工事を請け負う
ならばその業種の許可を取得する必要があります。また、経営業務
の管理責任者や専任技術者など、所定の事項に変更が生じた場合は
変更届を提出する必要があります。

 icon-angle-double-right 経営事項審査申請

国や地方公共団体から公共工事などを直接請け負うならば経営事項
審査を受ける必要があります。経営事項審査は原則として建設業許
可を取得している業種について受けることができます。

 icon-angle-double-right その他(電気工事業登録・解体工事業登録など)
電気工事業や解体工事業を行う方は、建設業許可とは別に
電気工事業や解体工事業の登録を行う必要があります。
これらのほか、産業廃棄物収集運搬業や、特殊車両通行許可申請
など、お客様にとって必要な許認可申請をお手伝いさせて
いただきます。

【建設業手続き関連】よくある質問はこちら

建設業許可申請の流れ

STEP1.初回相談(相談料無料)
早朝から夜間まで、土日祝日も含めてさせていただきます。日程調整をさせていただき、状況やご希望をお伺いいたします。
初回のご相談時に許可要件の確認をさせていただきます。
初回相談時または後日、必要書類のご説明、お見積もりをお出しします。

STEP2.受任~申請
正式にご依頼いただけることとなりましたら委任状に署名捺印をいただきます。
弊所はお客様と必要に応じてコンタクトをとりながら書類作成を進めさせていただきます。
申請前に書類に押印をいただき、役所への申請手数料のみ先にいただきます。
弊所が役所へ申請に行きます。

STEP3.申請~業務終了
役所から補正が出たり、追加書類を求められたりしたら相互に連絡を取り、役所へ提出します。
無事に建設業許可が下りると建設業許可証がお客様のお手元に届きます。
弊所へ建設業許可証のコピーをFAXしていただきます。
弊所から報酬のご請求書をお渡ししますので、お支払い下さい。

【建設業手続き関連】お問い合わせはこちら

愛知県一般建設業許可要件

1.経営業務の管理責任者
経営業務の管理責任者は、個人事業主の場合は本人又はその支配人が、法人の場合は常勤の役員の1人が要件を満たしている必要があります。
経営業務の管理責任者の要件(いずれかに該当すること)
イ:許可を受けようとする業種について5年以上、経営業務の管理責任者としての経験を有する方
ロ:イと同等以上の能力を有すると認められた方
① 許可を受けようとする業種以外の建設業に関し、7年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する方
② 許可を受けようとする業種に関し、経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって5年以上経営業務を総合的に管理した経験又は7年以上補佐した経験を有する方
③ その他国土交通大臣(旧建設大臣)がイと同等以上の能力を有すると認める方

2.専任技術者
専任技術者は、営業所ごとに下記の要件を満たす人が必要です。
許可を受けようとする業種の工事 について
イ:学校教育法による高等学校若 しくは中等教育学校(所定学科)卒業後5年以上、大学若しくは 高等専門学校(所定学科)卒業 後3年以上の実務経験を有する方
ロ:10 年以上の実務経験を有する方(一部例外あり)
ハ:イ又はロと同等以上の知識、 技術、技能を有すると認められ た方

3.誠実性
法人、法人の役員等、個人事業主、支配人、支店長、営業所長、法定代理人が、請負契約に関して不正又 は不誠実な行為をするおそれが明らかな方でないことが必要です。

4.財産的基礎等
請負契約を履行するに足りる財産的基礎又は金銭的信用を有しないことが明らかな方でないこと(下記要件のいずれかを満たすこと)が必要です。ただし軽微な建設工事に係るものを除きます。
イ:申請日の直前の決算において、自己資本が500 万円以上であること
ロ :500万円以上の資金を調達する能力を有すると認められること
ハ:許可申請直前の5年間許可を受けて継続して営業した実績のあること

事務所概要

屋号 アステル行政書士事務所
加盟団体 名古屋市商工会議所(エキスパートバンク登録専門家)
愛知商工連盟協同組合(提携専門家)
ミラサポ(登録専門家)など
業務内容 行政書士に関わる分野全般
住所 〒012-3456
愛知県名古屋市北区大曽根2-8-26
エステイト大曽根2A
電話番号 052-325-7160
メール メールフォーム

対象地域 : 名古屋市全域(北区、千種区、守山区、東区、中区、中村区、西区、昭和区、
天白区、中川区、瑞穂区、緑区、港区、南区、名東区、熱田区)、愛知県瀬戸市、
安城市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、愛西市、安城市、大府市、岡崎市、
尾張旭市、春日井市刈谷市、蒲郡市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、
新城市、高浜市、田原市、知多市、知立市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、
豊川市、豊田市、豊橋市、西尾市、日進市、半田市、碧南市、弥富市

※その他の地域の方はご相談ください